スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインストーリーというか

お久しぶりです。グレナディーアでございます。
梅雨がやってまいりましたね・・・
じめじめするいやな季節ですが、そんな中いつまでもウツっぽい記事をトップに晒しておくわけにもいかんので更新しようと思います。

お題は、先日やっと終わらせたメインストーリーを・・・
メインストーリーはやっぱりメインキャラで行くべきだろうという妙な使命感でカリアの担当です。
一応、きわどい表現(ネタバレ的な意味で)があったりする&異常に長くなるので追記に隔離します。。。


ちなみにスタートは城の材料を集めるところからです。
ドミ界のものが必要だということで萎えて止めてたんですね・・・
しかし、この際ということで、財力に物を言わせてパパッと集めてしまいました。
同じく萎えて止めてたレイシャルのマタブースト用のアイテムもついでに収集。
いやまぁ、使っているのユナイトフォームなので全くもって必要ないのですがね。。。

集めて持っていって完成かと思ったらいろいろと面倒な往復をさせられることに。
ドミ界からタイタ界へ・・・とはいえ、天まで続く塔から直ぐなので遠いようで近いです。
そんなこんなでやっとこ城が完成して出発。

次元を超える・・・とかご大層なフレーズが飛空城の謳い文句でしたが、ワクワクした割に行き着いたのは熊島。
一応・・・超えているなぁ・・・次元。。。
すさまじい肩透かしを食った気分ですがティタの元に。
壊れかけたタイタスとエミルを見た後、早速魂抜いて行こうとしたが何だか無理そうな雰囲気。
とりあえずタイタ界戻ったら今度は各世界ごとのアイテムを集めるように言われます。
とある術のために必要らしいが・・・
紙とかはともかく、動物のフンとかはどのように使う気なんだろう?
そう思った方、私だけじゃないはずですよね。

メインキャラ一行は2人ずつペアになって集めているようでしたが、マーシャの言葉がちょっと引っかかる事が。
一応三人娘の中ではマーシャが一番気に入ってはいますけど、今回の爆弾発言で評価ががくっと下がりました。
ティタ復活が複雑な心持ちなのは分かるが、言っていい事と悪いことくらいはあるだろうよ・・・

そして今度こそ復活!と思いきや今度はストーカー野郎が邪魔をしていて無理な模様。
アイテム集めで疲れておりイライラしていたので、アストラゼンGFでさくっと瞬殺。
某アニメキャラクターのように「この虫野郎!!」と叫びそうになったのは内緒です。

そして、晴れてティタ復活!長かった廃人生活に終止符が打たれたところで一区切り。
しばらく養生が必要らしいですが、次からはティタも一緒に冒険するようです。

そして次のイベントに即刻突入。養生時間、わずか1分。
我ながらなかなか酷なことしてるなぁ。
今度の目的は、エミルの記憶についてらしい。

で、ここらで何故にタイタ界へ来たのかを考えてみましょう。

そう、元々はドミ界を助けるヒントを得るために来たんでしたよね。
盛大に忘れておりました。つーか、目的変わってたし。
というか、また目的変わってるし。

ECOタウン跡を視察すると、バスガイドよろしくショタドラの解説が入ります。
ちなみに、遠隔地からテレパシーのように伝えるためにはエル・シエルを丸ごと吹き飛ばすくらいのエネルギーを使うらしい。
全然ECOじゃないよね・・・(無駄遣い的な意味で)

ショタドラが言うことには、「クジラ」という存在が空間そのものを食べてしまうのだとか。
DEMのドミ界侵攻はDEM界の大半がクジラに食われてしまい、自分たちの生きる場所を確保したかったからだとか。
自分も食い止めようと頑張ったけどフルボッコにされたからエミルドラゴンを生け贄にしてクジラを封印したということだった。
しかし、DEM界ねぇ・・・そのうち「DEM界をクジラから助けよう!」とかいう感じで実装される気が。。。

とりあえず、情報を集めるためにECOタウンへ。
桟橋にいるダンディーなお方に話しかける。
で、その方がいろいろゴネたせいでタイタ界とECOタウンを往復させられました。鍵使ったけど面倒くさすぎ。
それで、イベント前半終了。
報酬として、シスコン野郎のオンボロ服を手に入れました。

服なんかより気になったのは、そのオンボロ服を仕立て直したおばあさん。
男女間で着られるように♂専用と♀専用に切り替えられるんですが・・・
このお方、ズボン→スカートにした後でもスカート→ズボンに出来るんです。
ズボンをスカートに出来るだけでも凄いのに、逆方向も出来る。
しかも、つぎはぎした形跡は無い。。。
このばーさん、タダモノではないようです。

さて、おばあさんの手腕に感激したところでいよいよ出発。
クジラについての情報なら、直接封印に関与しているエミルドラゴンに聞けば何か分かるかもということでクジラ内部に潜入です。
今回は、前回ダダをこねたダンディーな方も道筋をサポートしてくれるようですが・・・

こちとら何回ここに来たと思ってる!?道なんてお前の名前よりも正確に暗記しておるわ!
ということで早速お役御免。

順調に進み、骸にきた所でイベント発生。
正直、ここ通り抜けられるのかと心配でしたが、これはいい回避方法。
ですが、話を聞く感じだとどうやら楽には通れないようで・・・

そしてダンディーな方がついに邪気眼モードに突入。
一行は全て吹き飛ばされて戦闘不能扱い。
おいリリ、お前そんなに脆くないだろ。
まあ、こいつも情け容赦などするはずも無くアストラゼンGFで黙らせました。

何とか元に戻ったダンディーな方の話によると、この世界に長く居た人間は世界そのものと同化し、自我を失っていくのだとか・・・
何か、ネコマタ白イベントの夢幻世界に通じるものがありますね・・・
夢幻世界の敵の姿形もクジラ内部の敵と同じだったはずだし、深い関係がある気がしますね。

はっ、そういえば自分もデマイズのように羽が三枚に増えているではないか!
昔ここによく居たからその影響かも知れない・・・
(※注 当然転生によるものです。

そんなボケをかましつついよいよエミルドラゴンの元へ。
かみ合っていない会話が続く中、エミルが暴走して何か消えました。

エミルドラゴンの話では、「引きこもってるからシラネ」だそうです。
心を閉ざしている内は探し出せないとか・・・

暴走したり、心を閉ざしたり、精神世界に入り込んだり、マインドクラッシュしたり・・・
あれ、こんなロボットアニメあったよーな。
このゲームとコラボもしてたよーな。



・・・とまあ、こんな中途半端に今回のSAGAストーリーは終了。
次はエミルを探すところからスタートするんでしょうか。
非常に面倒なイベントばかりでしたが、掛け合いは面白かったですよ。
次にも期待です。

それでは、長々と読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

持ちキャラ一覧
各キャラの名前をクリックすることで紹介ページに飛べます。
(1)が掛け合い含む簡易紹介、(2)が詳細紹介です。

→キャラ一覧(2012/1/11)
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。