スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラ紹介~フェリッサ~

早速更新です。ネタがあるうちにやっておかないとアレですからねー。
まずは、キャラクターの紹介から・・・

ちなみに、私はおもちさんのブログの対談形式が大好きで、いつか自分で作るときもそれに似たような形にしようと思ってたんですよね。
おもちさんの方はキャラクターとその相棒との掛け合いになっておりますが、そこまでパク・・・インスパイアするわけにも行きませんし、何より設定とかまるで考えてない!
というわけでちょっと捻りまして、自分自身(中の人)とキャラクターの対談ぽくしてみたいなと思います。
かなり長くなると思われるので覚悟してくださいね。

それでは・・・皆さんご存知の三姉妹の登場ですー


********************************

ゾロゾロゾロ

カリア(以下カ)  「あら、どうかしました?こんな時間にイストー岬まで来いだなんて・・・」
フェリッサ(以下フ)「まー、何かは分からないけど、ロクでもない事ってのは分かるね・・・」
レイシャル(以下レ)「姉さん、それは言いすぎじゃ・・・。主さんだってたまには意味のある事もしますよね」

相変わらず言いたい放題言ってくれる姉妹だこと・・・
というかそんなこと言っちゃっていいの?こんなでもあんたらの生みの親よ?

フ「だって事実そうなんだからしょうがないでしょ。この間だってキャリアオイルのために光の塔まで飛ばされてプラチナム狩りなんてさせやがって・・・」

あれは色の粉末が残ってたから倉庫の圧縮も兼ねてヘアカラーの精製のために必要でだな・・・
って、んな事どうでもいい。それより本題だが、実はついさっきブログを開設してね、皆に君達の紹介をしようと思ってるのよ。
でも私からするのも味気ないし、自分のことは自分が良く分かるだろうと考えて自己紹介してもらうために呼んだんだよ。

フ「ふーん、珍しくマトモな用件ね。こんな時間に呼ぶのはどーかと思うけど・・・まあ暇人だからしょうがないか」

・・・お前、ちょっと黙ってろ。
主を敵に回していいことあると思うか?

カ「脅迫はいけませんよ。。。しかし、ブログで自己紹介・・・ですか。困りましたね、流石にこう急なことだと心の準備が・・・」
レ「私もちょっと・・・考える時間が欲しい」

予想通りだがやはりダメか、フェリッサ、お前ならすぐできるだろう?

フ「思ったことをそのまま言えばいいんでしょ?それなら簡単よ」

よーし、んじゃ最初はフェリッサからだな、それじゃ頼む。
あ、そうそう、写真はコレな。

ピラッ



フ「・・・・!!これは!?」

私を誰だと思ってるんだ?
なんせ私が操ってるんだからな、こんな写真撮るなど朝飯前さ。

フ「だからってこんな・・・もっと普通の写真があるでしょ!?」
 
それがなぁ、これがSS撮った初めての写真でねぇ。今まで撮り方分からなかったのよ。
そんでいろいろ試したら分かってきたからとりあえずビーチで寝っ転がせて一枚パシャリとね。
別に盗撮とかの類ではないだろ、自分のキャラなんだしな。
それとも何か?もっとセクスィに撮って欲しかったとか?
止めといた方がいいぞー、この手の画像に簡単に食い付く辻ヒーラーを少なくとも一人知ってますからな。
これ以上左側からのアングルの写真なんて撮ってみろ、次会ったら、いや、遭ったら何されるか分からんぞ。
あんちょびさんネタにしてごめんなさい


フ「確かに娑婆にはまだ未練があるし、コレでいいか・・・って、だったら最初から普通の写真撮ればよかったじゃない!そうか・・・あの時無性にビーチ行きたくなったのはそういうマインドコントロールがあったからなのね。。」

チッ、有耶無耶にはできなかったか。
しかしこの服、いつ買ったんだ?

カ「そうそう、さっきからそれが気になって・・・。あなたこんな服持ってたっけ?」

まぁそれは後で聞くとしようか。ほれ、まずは自己紹介自己紹介。

フ「あ・・・えーと、私の名前はフェリッサ、三姉妹の次女にあたるドミニオンね。職業はダークストーカー。Lvは100の大台に乗ってるわ。武器は両手槍。初期は細剣だったんだけど、クリティカルのかっこよさに惚れて槍に変えたのよね~」

まあ、それもあるが、攻撃射程がニマスあるのも大きな要員だな。

フ「でも近頃は専らペット育成くらいしかしてないわねぇ・・・。100越えてからLv上げるのがだるくって」

100からは地獄だからなホントに・・・動かす方も心が折れるよ。

カ「スキルとかは?」
フ「スキルね、んー、通常攻撃主体だから一般的なスキルを取ってるわよ。DCとかマスタリーとかね。特徴があるスキルといえば、ブラッディウェポンとライフアブソーブ、あとはフレアスティングぐらいかな。ブラッディウェポンは火力の底上げ用、ライフアブソーブはHP回復用、フレアスティングは浪漫追求用ね」
レ「ろ、浪漫って姉さん・・・ところで、何でそれが浪漫なの?」
フ「さあ・・・ねぇ、どうして?」

突き刺してからダークフレアとかアレだ、FF6のラグナロクみたいな感じ?
まあ他にもいろいろあるが追加攻撃とか基本的にかっこいいじゃないか!

フ「なるほど、通常攻撃のとき一定確率でフレアの追加魔法攻撃・・・だったわね、ラグナロクは。でもこの技、使いこなすの相当難しいって話だけど?STRとMAGの振りがどーのこーのって・・・」

その辺は何とかして使いこなしてくださいよダンナ。
ガンホーさんも元々はそれを使ってくれるのが理想だったらしいし。
それに、ここのブログタイトル見てごらん?

フ「‘とある異端者のECO’って・・・あんたが異端者って事?」

そのとおり、で、君達三人はその異端者から生まれてきた訳だ。
蛙の子は蛙ということわざもあるし・・・まあ、後は言わずもがなだよな?

フ「勝手に同類認定するなぁぁぁ!!少なくとも私はフツーなの!」
カ「光の塔でドルさんとヒーラーの座を競うようなナイトは少なくとも普通じゃないと思うけど?まあ、同類云々は君の生まれの不幸を呪うがいい、ってヤツね。諦めなさい」
レ「それどっかの三倍赤い仮面の彗星人が言ってたような・・・」

何で知ってんだよ・・・しかも微妙に意味違うし。
ちょっとズレてきたから軌道修正するぞ。いつもの狩りの方法とかは何?

フ「コンセ、ディフェンスBで自己強化して刻印・闇剣・ブラッディウェポンと槍DC使ってひたすら殴る・・・かな。ブラッディウェポンでのHP減少を利用してプライスオブペインも発動するからさらに火力が上がるわ。減りすぎたらライフスティールかライフアブソーブでHP回復。まあ、PTだとその前にHP回復されるから全く腐るんだけどね・・・」
カ「確かに、PTでのドルさんはHPバーの減りに過敏なまでに反応するからね~。やっぱり死なせちゃうと責任感じちゃうのかなぁ。私はともかく、フェリッサは何度でも蘇るのに・・・ね」
レ「それどっかの大佐のメガネ城の天空人が言ってたような・・・」

今度は某映画かよ・・・というか、もう言葉としての体を成してないな・・・
それで、何度でも蘇るってのはどういうこと?

フ「ネクロリザとリヴァイブを最大レベルまで習得して併用しているから、計算上8割自然蘇生できるのよ。さらにサクリファイスも習得しているから万が一全滅しかけたときでも自然蘇生からのサクリファイスで戦線を持ち直すことも可能ってわけ。それで力尽きるけどまた自然蘇生できるから損失も少ないし」
レ「私の生まれる前は‘動く無限リザポ’なんて異名を持ってたらしいですね」
フ「ネクロリザの蘇生だとHPの量が少ないからリヴァイブしてサクリファイスした方が 相手の蘇生と自分のHPの回復が一度にできて便利なのよ。自然蘇生できなかったときは泣けるけど」

その辺は運だからしょうがないな。
元々はできたらラッキー程度のやつをここまで実用化できてるわけだし、贅沢言っちゃダメよ。

フ「それ言ったら何でこんなハイブリッド型なんて面倒な型にしたのよ・・・。おかげで野良PT行くときとかホントに肩身狭いんだから。攻撃遅いわダメは低いわ・・・」

まあね。攻撃を主眼に置いたステ振りをしていないからな。
攻撃なんてブレマスに任せりゃいい。
ナイトなら、ナイトにしかできない方法でPTに貢献すべきだろう。
事実、野良DDの時にサクリファイスで全滅したPTの息を吹き返させたことは一度や二度じゃないじゃないか。
それを1PCで出来るのは自己蘇生とキャストの少ない蘇生スキルを持つダクストの特権なんだよ。
第一、弱いとは言いつつもDCのおかげでそこそこの火力はあるだろうさ。
PT時の保険とある程度の火力を兼ねる事が出来る点は評価できると思うけどな。

フ「それも一利あるけど、アンタだって実際に直Pするのためらってる時があるじゃない」

あー、もうそこまで言うならお望みどおりAGI型に変えてやろうか?
これから狩り行く時はあの痙攣めいた動きを一生続けることになるがいいんだな?

フ「うっ、それは・・・嫌、かも・・・」

だろ?やっぱり今のままが一番・・・

レ「主さんに姉さん・・・とりあえず話戻したほうが。。。」
カ「その辺の喧嘩は後でしてくださいな。ここのスペースも無限じゃないですし」

それもそうだ、私としたことがつい熱くなってしまった・・・
えーと、それじゃ最後は服について聞こうかね。


フ「普段はゴシックドレスで狩りしてるかな。闇属性あるから大体の魔法を軽減できるし便利なのよ。ブリーダーとかガーデナーの時は装備できないからルナティックチャームを着てるわよ。上の写真もその時のようね」
カ「ルナティックチャームかぁ、万年金欠のフェリッサにしては随分奮発したじゃない」
レ「やっぱり姉さんもインスクエで儲けたんですか?」
フ「うん、範囲攻撃があまりないF系には辛いけど、やっぱり金策にはもってこいだからね。二人は範囲攻撃あってうらやましいよ。特にカリ姉はそのために知識も取得してかなり荒稼ぎできてるって話じゃない」
カ「私は特に欲しいものもないけど、あれば困るものじゃないからね。銀行に放り込んでいけば知らずの内に貯まって行くものよ」
フ「私やレイシャルは何かと浪費グセがあるからちょっとは見習わないとね・・・」

うん?おいフェリッサ。まだ値札ついたままじゃないか。
ったく、買ったらすぐ取れよな・・・

フ「ありゃ、切り忘れてたか。取ってくれる?」

しょうがないな・・・
・・・・・・あれ?

カ「どうかしたんですか?」

フェリッサ・・・これ、本当にインスクエ始まった後に買ったのか?

フ「え、何をそんな・・・そんな嘘言ってもしょうがないじゃない」

買ったの一ヶ月以上前だぞ、しかも銀行引き落とし・・・

レ「一ヶ月以上前っていったら、姉さん、お金がないってぼやいてた頃でしたよね」
カ「そうよね・・・あなたのことだから、へそくりがあるとは思えないし・・・いつも現金払いなのに銀行引き落としってところがさらに妙ね。。。」

少なくとも今のインスクエが始まる前なのは間違いないよな。
何でまたそんな嘘を・・・っと、カリア、何処行くんだ?

カ「ちょっとギルド商人のところに。すぐ戻りますので~」
フ「・・・・・・・」
レ「フェリッサ姉さん?顔色悪いですが一体どうし・・・・」


カ「あああああぁぁぁーーっ!!」

うわっ!ビックリしたじゃないか・・・
何でまたそんな大声・・・っ(硬直)

カ「フェリッサ・・・さてはあなた私の口座から勝手に引き落としたでしょ(笑)」
フ「いや、そんなことは・・・(汗)」
カ「隠しても無駄よ。値札と同じ日にお金が減ってるもの。2.5mもね(笑)」
フ「いや、あの、その・・・(中汗)」
カ「しかもレイシャルの口座から少しずつ穴埋めするなんて隠蔽工作まで披露してくれてるし(笑)」
フ「えと、えっと・・・(大汗)」
カ「悪いお姉ちゃんよね?ねぇレイシャル?」
レ「・・・・・・・・」
フ「・・・・・・・(滝汗)」
カ「主さん、ちょっと離れていただいてもよろしいですか?(にっこり)」

いや、あのさカリア。ここのスペースも余分じゃないんだから・・・・
・・・・・・はい、退きます。ごめんなさい。
(許せフェリッサ。というか自業自得だ)

フ「お願いだから一人にしないでぇぇぇ!!」
カ「あらあら、そんなに甘えちゃダメでしょ?子供じゃないんだから・・・ね♪」
フ「うう・・・先手必勝!!」

ダッ

カ「そんなに慌てて逃げるなんて・・・悪い子ねっ!!チェインライトニングっ!」

ヒョイッ

フ「よっと!こちとらいつも枕で引っ叩かれたり魂壊されたりしてんだ!弾道くらい読め・・・」
レ「・・・ストーンウォール」
フ「ちょっ、石壁!?仕方ない、壊して・・・F系のSTR舐めんなよっ!」

ボゴッ

フ「さてさっさとずらかる・・・って石多すぎっ!」
レ「・・・・・・・・」
カ「いい仕事するわね、レイシャル!後で何かおごってあげる。グラヴィティフォール!」
フ「うっ!でもLv1じゃ大したこと・・・あれ、体が重い・・・」
カ「この魔法には鈍足付与があるからねぇ・・・今度は逃がしゃしないわよっ!」

バリバリバリ

フ「きゃぁぁぁっ!」
カ「あら、ネクロリザね・・・まあ関係ないわ、ここの属性って知ってる?」
フ「ここはイストー岬・・・土属性、って・・・まさか!」
カ「DDでのトラウマ呼び戻してあげましょうかねっ♪アシッドミスト!」
フ「くぅ・・・・(霧が晴れた瞬間にHP吸収して逃げるしかないか・・・」
レ「・・・・・姉さん」
カ「ん?レイシャル何?あら、マジックポーションね。ありがとう」
フ「よし、今だっ!」

ダダッ

フ「ライフスティールっ!」
カ「きゃっ!しまった、逃がしちゃったの!?」
フ「これで体力も安泰!私の勝ちだ!」
カ「なーんてねっ!レイシャル!頼んだわ!」
レ「・・・・・・・・(奇襲)」

ゴスッ

フ「あうっ!いつの間にクロキンで・・・」
カ「まさか私にまで手を上げるとはねぇ・・・前菜も飽きたでしょうし、そろそろメインディッシュに取り掛かりましょうか」
フ「いや、あの姉さん?この魔法陣って・・・」
カ「その服、大体の魔法を軽減できるんでしょ?大丈夫よ、所詮は4属性の複合魔法だし☆あ、レイシャル。危ないから離れててね」
フ「だぁぁっ!やっぱり!待って、それは止めて姉さんお願い!ラースだけはっ!ラースだけは止めてぇぇ!!」
カ「ばっちりゼンもしてあるから軽く逝けるわよ♪」
フ「今はルナティックチャームだって!!第一ゼンしてたらどんな服着てても無理に決まってるでしょぉぉぉっ!!」
カ「さてと、覚悟はいいかな?(笑)」
フ「ひぃっ・・・」
カ「二人分の怒りを篤と味わいなさい!エレメンタルラースっ!!」

ドゴォォォォン

フ「・・きゅうっ」
カ「あら、気絶で済んだの・・・相変わらず身体は頑丈で運も良いわねぇ」

おー、終わったか・・・
こりゃまたド派手にドンパチしたもんだなぁ・・・こりゃ後始末面倒だな。
しかも自己紹介する奴が気絶したんじゃここまでにするしかないし。
それじゃ上がるとするか、そいつはどうするんだ?

カ「ほっといても風邪ひかないだろうし、起きるまで放置でいいかと~」

そ、そうか?まあご苦労さん、次は二人のうちどちらかだから話す内容決めといてくれよ。
それじゃまた呼ぶからその時まで待っててなー


カ「はーい、では失礼しますね」
レ「・・・・・・・・(お辞儀)」

********************************

というわけで今回はフェリッサの紹介ということになりましたが・・・
ぶっちゃけ本編よりそれ以外のほうが長いような・・・

途中からもうどうにでもなれと開き直って最後まで書きましたけど、
やっぱり知り合いの方々のブログの面白さには遠く及ばないですね。。。

ああ、文才欲しい。

次は二人のうちのどちらか紹介予定ですー
ではまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

面白かったw
痙攣めいた動きwww


ってか、ナイトなんでもありだな。。。

そういえば

確か、それ言ったのは初めてヒダルゴさんとPT組んだときでしたっけ・・・

ブレマスが攻撃特化なら、ナイト系は万能型と考えてるのでー。
雰囲気というかイメージとしては、
「ブレマスとネクロとドルを足して10で割った」感じが私の思うナイトです。

フ「それってただの中途はん・・・むぐぐ」

それは言わないお約束だ・・・
持ちキャラ一覧
各キャラの名前をクリックすることで紹介ページに飛べます。
(1)が掛け合い含む簡易紹介、(2)が詳細紹介です。

→キャラ一覧(2012/1/11)
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。