スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラッ・・・

こんばんは。
こんな時間ですが、ちょっと愚痴りたくなったので書きます。

けっこう黒くなっているので、私はピュアな人間だと勘違いをされている方は今のうちに引き返すが吉です(ぇ
覚悟のある方だけ続きをご覧くださいー。



今日は私は久々(といっても2日ぶりですが)に庭園PTにでも参加してみようかと思い、何気なくPT欄のある募集に入りました。

私が入った段階では、アサさんと探検家の方がいらっしゃいました。
略挨拶されたのでちょっとイラつきましたが・・・そこはもう慣れというものです。
(※注 私は「よろ」「おつ」などの略挨拶が大嫌いです)

適当な挨拶を返してしてドルさんが来るまで待ちます・・・が、一向に来ない。
時間帯にしては珍しいこともあるもんだと軽く考えていましたが、今にして思えば皆避けていたのかもしれません。

そこで30分待ち、ドルさんが来たので早速行動開始です。

4人ならまあ細々とはできるだろうな・・・と思いPTメンバーを見ましたが、DEMさんが二人増えてました。
LV1でしたけど・・・

そこで養殖と気づいたわけですが、別に自分に支障はないし、むしろ経験値が増えるのでそこはどうでもよかったんですけどね。
(※注 職それぞれに楽しみ方があると思っているので養殖は基本的に好みません)
(※注 あまりに低LvのキャラがPTに居るとPTボーナスでの経験値の増加量が低Lvキャラに分配される経験値量を上回り、獲得経験値が増えることがあるのです)


そしてスタート。
いつもどおり中央に陣取り、ドルさんがサンバを張り、私は自身にスピエンとゼンで攻撃態勢を整えます。

とはいえ人数が人数ですので、勝手にタゲって来た連中を各個撃破でもしているのがちょうどいいだろうと思ってましたが・・・

PTリーダーのアサさんがブースト吹かしまくってとにかく釣る、メチャクチャに釣る。

主な火力が私と探検家のファシネイションしかないのに、さも8人PTかというような釣りの密度がありました。
いや、待ちなさいよ。無理だから。
ちょっとは総合火力を考えてやって欲しいものですよね。

私は範囲魔法を常にぶち当てる必要があるので、どうしてもタゲられやすいです。
急遽、土オーラも織り交ぜつつその場に合った攻撃方法で探検家さんと一緒に殲滅を続けていきました。
それでも足りなかったのでドルさんの隙あらばデドマで相手の動きを止めてくれたのでとてもありがたかったです。


しばらくしたら援軍登場。カバさんです。

どうやらメガダークブレイズを主に使うようですが、私にはとりたてて関係ありません。
しいて言うなら、巻き込むのが増えるからタゲがそちらに向かうってところでしょうか・・・

そして、その方曰く「カオスゲイト持ってないのでラーヴァお願いします」
一瞬意味が分かりかねました。

ちなみに狩ってた部屋の湧きは、牛・鳥・蝶・森、つまりは茸以外全部です。
その方は、「私は使わないから設置魔法おいてもいいですよ」といいたいのだと解釈しましたが、唯一火が弱点である森はM.DEFがかなり高いのです。
しかも、そこで一番の経験値をもらえる牛には全く効果がありません。

どちらにせよ持ってないので(仮にあっても使わないですが)その旨を伝えようとしましたが、

「いや、持ってないよ」

と、釣りしながら私の代わりに答えました。
いや、聞かれてるの私だから・・・。ちょっと黙ってて欲しかったんだけども。。。

まあ、そこまでならいい。

しかし、次の言葉だけはどうしても容認できませんでした。


「ネタスキルばかり見せられt」

怒りでリアルに顔引きつりましたからね。ネタスキルだから使っちゃいけないのか?と。

一般的に見れば、私の取得しているスキルはどれも癖が強いです。
そこが「ネタスキル」と呼称される一番の原因だと思います。
しかし、あくまで「使いにくい」だけであって「使えない」訳ではありません。

自慢じゃないですが、そのようなスキルを使いこなす努力はしてきました。
事実、アクアウェーブは3マスの幅と長い射程があるから適当に垂れ流しても当たることが多いです。
しかし、特定の場所から特製の向きに向かって流すには熟練しなければ無理です。
DDとかでは途中の障害物と敵が多いために一瞬で何処から何処へ流すかの判断と行動をしなければなりません。
向きを間違えてしまったら敵を大量に連れてくることにもなりかねないので流す向きの失敗はご法度です。

私の代名詞(?)ともなってきているチェインライトニングですが、確かにこれは当てにくいです。
確実に当てられるブラストと比較してもその点は大きく劣ると思います。
ですが、チェインライトニングはブラストに比べて桁違いにキャスト・ディレイが短いのです。
どれ程かと言うと、1回のブラストのキャスト・ディレイの間にチェインライトニングを3回は撃つことができるくらいです。
最大威力は同じですので、このスキルを必中させることができれば単純に火力が3倍にもなるということになります。

さて、話を戻して要約・・・

要は「癖のあるスキルを実際に本気で運用している人間に対して素性も知らない人間からネタスキル(笑)と鼻で笑われた」感じがプツッと来たのですよ。

ちなみにその後、ついに耐え切れなくなり私だけでなくドルさんまで倒れる始末。
そこまで集めた方の気が知れない・・・

そして、とうの昔にやる気なくしてた私はこれ幸いとばかりにPT抜けました。
残してしまったドルさんに少々罪悪感を感じてましたが、しばらくしたらPT人数の数字が減っていたのでちゃんと逃げられたのでしょう。

では、最後に一言。

所詮wikiを鵜呑みにしてそこの情報に踊らされた人間に「ネタスキル」と言われる筋合いは無い。
そのスキルが使えるかどうかは使ってみないと分からないだろう。
使いこなそうという努力もしないで使えないなんて吐くのは100年早いんだよ。



ふぅ・・・スッキリした。

それでは~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ふむ

参加前にこんなスキルもってるけど大丈夫ですか?とか聞くのも重要じゃね?

小馬鹿にされたのはわかるけど、大体みんなが思っている巫女の持ちスキルとは違うんだったらそれはそれで言うべきじゃねーかなー?

効率外のPTだったら問題無いけど、密集狩りしてるんだったらたぶん効率重視PTだったと思うしねー

自分が少数派なのは分かってますが・・・

一日経って読み返してみてかなり自己嫌悪です。
最近沸点低いな・・・どうしたものか。

野良くじらで、巫女募集の時にはスキルは自己申告してましたね。
くじらでの巫女募集はやはりライズの支援が目当てというのは知ってましたから。
EW狩りでない以外では私だけだと役に立たないので遠慮してました。

ですが、あんちょびさんも庭園に参加したことがあるようなのでご存知でしょうが、そこでの巫女は範囲火力が求められることが殆んどで、私は支援よりも範囲火力寄りの巫女であります。
実際、その時もグラビティをメインに使っていましたからね。

巫女にはラーヴァ・アイシクル・グラビティなどの優秀な範囲魔法は多くありますが、そこでは全モンスターに安定してダメージを与えられるグラビティだけが唯一使える魔法だと思います。
(エレメンタルボール・カルテットはエフェクト的に厳しく、ラースは連発出来ないため除外)

しかし、それでは蝶と鳥以外には大したダメージが入らないので牛に対しても攻撃をしたのです。
大きく動く相手ならブラストを使いますが、まとめ狩りで大きな移動をしないので、当てやすく、最大火力が出るチェインをそこでは選択したわけです。
勿論連射しましたから、それが「ばかり」と言われた原因だと思います。

ちょっと脆めだったカバさんに敵が行かないようにたまにエレメンタルボールを使いましたが、それも見せびらかしに見えたのかもしれません。

いずれにせよ、自分なりに考えてその場に合ったスキルを使っていたのに、「ネタ」の一言で片づけられたことが悲しくて腹立たしかったのです。

全然答えにはなってないのは分かりますが、うまく説明できず申し訳ないです。

No title

巫女差別というか・・・ネタスキル使って狩りするなって言われてるようなもんだよね。゚(゚´Д`゚)゚。
効率よく狩りするのはいいけどまわりが見えなくなる人は勘弁だ;

つまるところ・・・

どのスキルも使いようだと思うんですけどね・・・流石にフレイムピラーだけは有効活用の方法が見当たりませんでしたが。

ある意味看板のようなスキルがネタ扱いというのは、純粋に巫女の攻撃魔法使いたい私にとっては辛いです・・・
持ちキャラ一覧
各キャラの名前をクリックすることで紹介ページに飛べます。
(1)が掛け合い含む簡易紹介、(2)が詳細紹介です。

→キャラ一覧(2012/1/11)
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。